転職で必要な基礎知識

条件厳しすぎ!大阪市西区役所へ住居確保給付金の話を聞きに行った結果

 

大阪市西区役所へ「住居確保給付金」の話を聞きに行ってきました。

しかし、区役所内の案内バンドを付けた人ですら、「住居確保給付金」の存在を知らず。

 

再度調べなおしていきました。しかし、

「条件厳しすぎ!」ってとても驚き、30分ほど話を聞いたのち、結局諦めて帰ってきました。

こんなの支援してもらえる人なんて本当にいるの?っと思うほどで・・・。

 

その日のことを記事にまとめました。

 

区役所内で住居確保給付金の存在が知られていない

 

仕事を辞め、家賃が払えなくなる恐れのある人、または、すでに家を失った人が対象の支援金「住居確保給付金」の存在をネットでしり、

大阪市の西区役所が支援場所となっていたので行ってみることに。

 

大阪市の西区役所には腕に「案内係」と書かれた腕章を付けた人がいます。

その人に「住居確保給付金について詳しく知りたいのですが」と尋ねると「そんなものの存在は知りません」と。

 

大阪西区役所ではなかったのかと思い出直すことに。

 

しかし、再度調べてみると、やはり西区役所と出ていきます。

詳しく調べると、「大阪西区役所の3階の36番窓口、生活自立相談ぷらっとほーむ西

っと書いてありました。

 

区役所内のロビーからエレベーターに乗り、3階へ。

通路突き当りを右に曲がると一番奥に36番窓口がありました。

 

同じ区役所内でも、1階と3階では全く別の場所と言う扱いのようですね。

 

優しそうな雰囲気の係の人が丁寧に説明

 

窓口へ行き、「住居確保給付金について教えていただきたいのですが」と聞くと、

とても優しそうな雰囲気の男性2人と女性1人が対応してくださいました。

 

1人は私が話している内容をメモ。

もう1人が説明してくださっています。

 

トータル30分ほど丁寧に説明してくださるので、ついついわからないことを聞いてしまいました。

その都度話を中断し、分かりやすく図なども書きながら教えてくださる係の人。

 

親身になって聞いてくださり親切丁寧な説明で驚きました。

 

住居確保給付金支給の条件と活動が厳しすぎる

 

「住居確保給付金」もらえる人の条件(1人暮らしで配偶者なしの場合

・申請月の収入合計(補助金・失業保険・生活保護なども収入に入る)が84,000円以内

・貯金額の合計が504,000円以下

 

活動内容

・毎月4回以上総合就職サポート支援者の面接・支援を受ける

・毎月2回以上ハローワークの就業相談を受ける

・毎週1回以上求人応募・求人面接を受け報告書で報告する

 

補足

・給付額 40,000円

・賃主(大家さん・家主)の口座直接振り込み

・支給期間3か月(最長9か月)

 

かなり条件が厳しくて驚きました。

 

結局該当せず

 

私は今「失業保険」を受けていたため、収入が84,000円以上あるので、一部支給すら受けることができませんでした。

またハローワークも行っているので、週1回以上区役所に行くのも丸1日あけれる日がないため、厳しいと思いました。

 

本当に就職活動だけして、ハローワークと区役所を行き来できる人がもらえる給付金でした。

 

自己都合で会社を辞めた人が3か月後の失業保険をもらうまでの間に、

「住居確保給付金」を3か月もらい、その後「失業保険」を3か月もらうのであればいいのかなとも思いました。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

以上が「条件厳しすぎ!大阪市西区役所へ住居確保給付金の話を聞きに行った結果」を終わります。

 

なかなかもらうのに条件が厳しい給付金でした。

 

もっと詳しく「住居確保給付金」のことが知りたい方はこちらの記事をどうぞ☆

会社を辞めたら家賃補助制度で4万円!住居確保給付金について

  先日、会社都合で退職した私は、大阪市の区役所へ「住居確保給付金」について詳しく知るために行きました。 しかし、誰に聞いても「そんなものは知らないと」言われ、「住居確保給付金」というものは ...

続きを見る

RECOMMEND

1

辞めたいと思うくらい嫌な職場を、無理して続ける時代ではありません。 自分で辞めると言いにくいのなら、他の人に頼んで代わりに言ってもらえば大丈夫! 退職代行サービスは、そのためにうまく利用すべき新しいサ ...

-転職で必要な基礎知識
-

Copyright© 転職天職 , 2021 All Rights Reserved.